当社について

ビノム漁業グループの歴史

 

LP「Company BINOM」は、設立当初から、極東の漁師の関心を引くことのなかった海洋生物資源の抽出と加工を目的としていました。 略語「BINOM」は、「生物学的に未使用の海の物体」というフレーズから作成されました。 まず第一に、これらは深海のカニとエビ、ハリバット、スズキ、アンフェルシア、ケルプなどでした。

新しい漁具、採捕と加工の技術が開発され、ロシアの造船所では新しい漁船が建造され装備され、製品の輸送とマーケティングシステム、漁船の修理、整備、物質供給などのシステムが開発され、人員が訓練されました。サハリン州のサハリン漁業海洋学研究所はビノム社を基盤にして大規模な生物学的研究を開始し、科学的根拠のある海洋資源の合理的な利用の問題を一貫して解決していました。

当社の活動の結果と経験は、連邦漁業庁の科学技術協議会の会議で検討され、一流の科学者や業界の専門家に高く評価されました。

全ロシア漁業海洋学調査研究所と太平洋漁業技術研究開発センターの後援の下、極東海洋におけるイバラガニモドキの生息地の研究と採捕の可能性の検討について1996~2000年の長期的プログラムを採択し実施しました。

この活動は将来イバラガニモドキの合理的かつ効果的な利用のために最も重要な前提条件となりました。

 

生産が発展し複雑になるに連れて、ビノム社は製造拡大の必要に応じて、子会社の「クリールユニバーサルコンプレックス」社と「バティアリ」社を創設しました。

クリール諸島とサハリンの水産加工工場の材料・技術基盤や沿岸漁業が絶え間なく発展していました。極東海洋における深海のエビのトロールによる採捕が魅力的方向になりました。

漁業グループ「BINOM」は、ノルウェー、カナダ、アメリカ、アイスランドの外国での経験を生かして、環境への悪影響から保護し、抽出された原材料の高品質を確保するための特別な装置を備えたエビトロールの新しいデザインを開発し、導入に成功しました。この実験は、日本のほぼすべての漁場、オホツク海、ベリング海で成功したことが判明しました。数年後、極東盆地中から約60隻の船がトロールで北のエビを捕まえ始めました。

ソビエト連邦で有名なコルサコフ寒天工場が買収され、修復され、立ち上げられました。それは、微生物学的および食品寒天寒天、生物学的に活性な添加剤「ラミナル」および「モルスク」(未使用のホタテマントルの最後。この薬は広く宣伝されているブルーベリー製剤よりも視力を改善するのにより効果的であることがわかった)の生産を習得し、また、日本の技術を使用して海藻を乾燥させました。

28年間の活発な活動のためのBINOMチームは、新しい経済状況での釣りの発展に多くの有用なことをしました。 カニとエビの方向性は新しい所有者を獲得しました。 そして2013年以来、RPG「BINOM」は海の最後の巨大な未使用のオブジェクトである海藻、そしてまず第一にラミナリアに力を注いできました。

過去の10年で開発された技術に加えて、健康に有用な自然由来の成分を保存しながら自然食品を生産する技術も毎年導入します。

2016年にロシアの中央部でRPG「BINOM」製品を配布するために、モスクワ市の子会社である「WORLD OF SEAWEED」LLCが組織されました。

ライセンス

    連絡先

    提出申请, 我们将尽快与您取得联系